警察が動かない理由スタービーチその男性を嫌うのではなく付き合うことになったのです

この前の記事の中では、「スタービーチでは魅力的に感じたので、ヤッタと思っていたら犯罪者だった」と想像と違う展開になった女性の話をしましたが、女性としても考えがあるのでしょうが、その男性を嫌うのではなく付き合うことになったのです。
理由としては、「男性の目つきが鋭くて、どうして良いか分からないままどうすればいいか分からなかった」との話でしたが、さらに色々な話を聞いたところ、怖いもの見たさという部分もあって断らなかったところがあったのです。
その男性の犯罪というのも、そこそこ刃渡りのあるナイフを使って傷つけたのは実の親だったのですから、不可抗力などではなかったと普通は思うかもしれませんが、感じの悪い部分がなかったようで、女性などへの接し方は問題もなく、注意するほどではないと思って、分かれるのではなく付き合い始めたのです。
そのまま上手く関係が続いたかというと、男性におかしな行動をする場合があったので、相談するようなことも無く家を出て、その相手とは縁を切ったとその女性は語ってました。
何か特別な言動がなくても落ち着くことが出来ないので、それまでの二人での生活を捨てて、少しでも早く離れようと出ていくことだけ考えていたと話していましたが、見た目や雰囲気の怖さがあったという部分が一番の問題ではなく、普通に話し合おうと思っても、力に頼ろうとしたり、激しい暴力に訴えるような雰囲気をありありと出すので、お小遣いなども渡すようになり、それ以外にも様々な事をして、その状態を受け入れてしまっていたのです。
質問者「もしかすると、芸能界で下積みをしている人ってサクラのアルバイトをしていることが多数いるのでしょうか?」
E(某芸人)「そうだとよく耳にします。サクラでの小遣い稼ぎって、シフト比較的自由だし、私たちのような、急に必要とされるような職に就いている人種にはお互いにいいんですよ。予測不能の空き時間にできるし、人生経験の一つになるし…」
C(アーティストの一人)「得難い経験になるよね、女としてやり取りをするのは難しいけど僕らは男目線だから、自分がうれしい言葉を相手に言えばいい訳だし、男性の気持ちをわかっているからスタービーチ掲示板相手もやすやすと飛びついてくるんですよね」
A(メンキャバ勤務の男性)「想像以上に、女性でサクラの人は男性客の心がわかってないからぶっちゃけ下手くそっすよね」
著者「女のサクラより、男性のサクラのに比べて優れた結果を残しているのですか?」
D(芸能事務所所属男性)「そうかもしれないですね。優れた結果を出しているのは大体男性です。だけど、僕なんかは女性キャラクターを演じるのが下手っぴなんで、いつも怒られてます…」
E(ある芸人)「本質的に、嘘吐きがのしあがる世ですからね…。女性になりきるのが想像以上に大変で…僕も苦労してます」
ライター「女性の人格を演じるのも、想像以上に大変なんですね…」
女の子のキャラクターのどう演じるかの話で盛り上がる彼ら。
そんな話の中で、ある一言につられて、自称アーティストであるというCさんに興味が集ったのです。