「ちょっと、色々と大変でさ・・・」
と彼はポツリと言いました。
今までの私ならその「ちょっと」を聞きたいと強く思って居たはずです。
しかし私は彼に対して何も聞きませんでした。
ただ、無関心だと思われたくは無かったので「話したいタイミングがもし、あるのなら言ってね」
とは声をかました。
恋人同士になると、何もかもを知りたいという気持ちにもなりますし
‘だからこその恋愛関係だ‘と思うこともありますよね。
確かに、全てを把握しているって安心感もあるでしょう。
しかし、それが「最高の形」とは限らないと私は思っているんです。
強いて深く聞かない事・言わないことが優しさであり、良い結果を導くこともあるでしょう
それが互いに対する感謝の気持ちにも繋がるように思うのです。
深く聞かないというスタンスを持つようになってから
彼は様々なことを自分か話してくれるようになったとも感じています。
きっと、彼のタイミングで彼の言いたいような言葉を言うという「猶予」のようなものを
与えたり感じたりしているからでしょう。
もちろん、逆も然りです
きっとそのスタンスは、どれほど恋愛関係が長く続いても
彼と私の中で変化することは無いでしょうし、変えたく無いなと思うものでもあります。